剣道の防具はセットで購入|サイズに合ったものを探そう

道具の手入れ

竹刀

剣道を安全に楽しむには防具の手入れが必要です。各防具は使用後に水分を拭き取り、通気性の良い場所で乾燥させます。臭い対策は雑菌の繁殖を抑えることが重要です。丁寧な洗浄と乾燥をしっかり行うことで、臭いの発生源である雑菌の繁殖を抑制します。

Read More...

構造を知ろう

剣道の防具

剣道の試合で体を守ってくれるのが防具です。なかでも印象的なのが面金でしょう。面金は顔を守る防具で、昔は鉄でできていました。最近ではチタン合金やジュラルミンで作られています。段位に合わせて質のよい防具に変えましょう。

Read More...

武道用品を購入するなら

正座

剣道の防具を使い始める際には、体に馴染むまでに一定の時間がかかります。素材の硬さによって時に動きが阻害されてしまうことがあるため、要注意です。最近では、使い心地に工夫を凝らしたアイデア商品が登場しており、利用することで快適なプレーが叶います。

Read More...

体質と環境ケア

試合

掛かる費用

剣道を始めるにあたって、考えなければならないことはいくつかありますが、その中の一つに費用の件があると言えます。一般的に剣道に関わる費用は高額だと思われています。経験者でなければわからないことも多くあります。初心者であれば、まずは竹刀、稽古着、袴を揃えたあとに防具類を揃えることが多くあります。この中で竹刀は消耗品と捉えることもできます。また、剣道着、袴は練習量によって洗い替えが必要です。また、子供の場合には成長に従って買い替えが必要となります。このことから竹刀、稽古着、袴は複数もつことを視野に入れておくべきです。これに対して防具類は一度一式を揃えると数年は複数持つことは必要ないことが挙げられます。

素材や仕様

剣道における防具とは面、胴、小手、垂です。初めての場合にはセットになっているものがわかりやすくてお勧めです。初心者は合成藍染木綿で、牛皮で出来ているものが一般的です。ミシン縫いで体に馴染みにくいのが難点だと言えます。中級者になってくると合成鹿皮で一部手縫いになります。高段者になると本藍染めで本藍染鹿皮ですべて手縫いで作られています。高級になるに従い使用感もよく体にすぐ馴染みます。初心者向けの防具セットは既製品で数万円で購入することができます。高段者向けの高級品は受注生産で、単品でも百万円以上することも珍しくありません。お下がりの防具を使う場合でも、衛生面を考えて、小手や面は新しく購入するのがベストでしょう。